債務整理 慰謝料 養育費

離婚時の慰謝料や養育費が債務整理で減額・免責されちゃうの?

 

 

離婚・・・今では珍しいことではなくなりました。

 

浮気、借金、暴力、性格の不一致などなど・・・離婚の原因は様々です。でも・・・

 

 ・夫が黙って借金してたので離婚しようと思ってるけど、自己破産されたら慰謝料って取れないの?
 ・離婚して数年経つけど慰謝料の返済に目処が立たない。債務整理したら減額されるの?

 

シチュエーションは違えど、慰謝料や養育費で債務整理を検討してる方もいるでしょう。

 

また、慰謝料や養育費をもらう立場の人で債務者(払う方)が債務整理すると支払い義務がなくなるんじゃないか、と考えている人もいるでしょう。

 

 

 

 

では、離婚する時に発生する慰謝料や養育費って債務整理したら減額や免責(債務がゼロになること)になるんでしょうか?

 

答えは・・・「△」です。・・・何その答え!?って思いましたよね。

 

もうちょっと詳しくいうと、養育費は免責対象にならないので減額されません。

 

一方、慰謝料は債務整理する時期や離婚原因によって減額・免責される可能性があります。

 

 

 

 

まず慰謝料とは何か?何をいまさら!と言わず聞いてください。

 

慰謝料とは、離婚原因を作った有責配偶者(ゆうせきはいぐうしゃ)が、もう一方の配偶者に対して精神的苦痛を慰謝するために払うお金のことです。

 

当たり前じゃん!って思うかもしれませんが、有責配偶者は離婚原因を作った人、となっていますので妻でも夫でもなりえるのです。

 

慰謝料と聞いて勘違いしやすいのは、夫から妻に払うお金、だけではなく、妻から夫に払うお金にもなりえます。

 

 

 

 

 

では養育費はなぜ免責対象ではないかというと、「非免責債権」というものに当たるからです。

 

この非免責債権とは、免責されることが適当でない債権、要するに、免責されちゃまずい債権のことをいいます。

 

養育費は「子供を育てる」という親としての当たり前の責任を全うすべく支払うお金です。これが免責対象である訳がありません。

 

 

 

 

 

ということで、慰謝料は債務整理の対象に含まれますが、養育費は債務整理の対象に含まれません。

 

 

 

 

 

次に債務整理について軽く説明します。

 

債務整理とは借金整理方法の総称で「自己破産」や「任意整理」、「個人再生」、「特定調停」などがあります。

 

 ・自己破産・・・債務(借金)をゼロにする=免責
 ・任意整理、個人再生、特定調停・・・債務(借金)を減額する

 

乱暴な説明ですが、債務整理とはこれらの方法の総称になります。

 

 

 

 

 

では、慰謝料が債務整理の対象になる場合とならない場合ですが、キーワードは「時期」と「原因」です。

 

まず「時期」の説明をしましょう。

 

 

 ・慰謝料請求した後に債務整理すると、慰謝料が債務に含まれるので、減額・免責されます。
 ・債務整理した後に慰謝料請求すると、一旦債務を整理した後なので、慰謝料は全額請求できます(減額・免責されません)。

 

 

なので、離婚後、慰謝料の支払いが難しくなり、どうにもこうにもならなくなったら債務整理することで慰謝料は減額・免責できるのです。

 

これは、慰謝料請求した側も大問題です。

 

もし、暴力や不倫で離婚したのに、慰謝料を含めて債務整理されたら溜まったもんじゃありません!

 

 

 

 

 

ここで出てくるのがもう一つのキーワード「原因」です。

 

離婚原因というのは慰謝料にとって重要で、「悪意で加えた不法行為」に該当するかしないかで債務整理の対象となるかが分けられます。

 

「悪意で加えた」って曖昧ですよね。

 

簡単にいえば、配偶者に対しての暴力は当然該当しますので、債務整理の対象になりません。

 

不倫や浮気は該当しない場合がありますので、債務整理で減額・免責されます。

 

ちなみに性格の不一致で離婚した場合は、慰謝料自体が発生しないことが多いです。

 

 

 

 

 

とにかく、立場、環境、要因などなど離婚原因は様々ですし、離婚後の生活も様々です。

 

慰謝料の支払いが難しくなって債務整理を考えてる方、慰謝料を払ってくれなくて困ってる方、または離婚した時に慰謝料請求できる(される)で悩んでいる方などなど、まずは専門家へ相談するのが解決の近道です。

 

借金の整理を内緒でしたいと思っていませんか?

それならば、内緒で誰にもばれずに借金整理というサイトがおすすめ。内緒でする方法や、問題点などを掲載しているので「なんとか家族には内緒で・・」と考えられている人にはとても参考になると思います。

 

 

出典元:債務整理福岡ランキング